ハゲタカのえじきレビューリスト

リスト駄目 ダイス

ボードゲーム初心者にオススメされる簡単なカードゲーム「ハゲタカのえじき」ルールはシンプルにカードを出して一番高い数字を出した人の勝ち…なのだが、数字がバッティングすると無効化されてしまい、低い数字でも勝てる場合がある。相 … Read More

Vast The Mysterious Manor / バスト

レビューaya

日本では「Root」が有名であろう、Leder Gamesより勝利条件が各々違う、ルールも違う一風変わったダンジョン探索型ファンタジーボードゲーム。前作は洞窟だったが第2弾の今回は神秘的な館で大暴れ! デザイナー Pat … Read More

覇王龍城 / dragon castle

レビューaya

最古にして最重要なる龍城は今や朽ち果てようとしている。人々は長く豊かな生活を求めて新しい土地へと移動し始めた。近くに居を構える領主たる我々は人々を受け入れ、太古龍に寵愛される領地を作り上げてゆこう。果たして太古龍の寵愛を … Read More

パスタリー / passtally

レビューMizuki

概要 女子会でウキウキしながら出したくなるような「おしゃれでかわいい箱とコンポーネント」、箱を開けるとゲーマー向けな頭を捻るゲームシステムのギャップが魅力な「analog lunchbox」さんのゲーム。今回はそのうちの … Read More

ハンザ / HANSA

レビューaya

14世紀のハンザ同盟の盟主の座を得るため、商船でバルト海を横断し貿易せよ! デザイナー Michael Schacht アーティスト Michael Schacht プレイ人数 2~4人(BGG ベスト2) プレイ時間 … Read More

Patrizier / パトリツィア

レビューaya

プレイ人数:2~5人(BGGベスト3人)プレイ時間:約50分対象年齢:10歳~デザイナー:Michael Schachtアーティスト:Design/Main 3人で遊ぶのに良いゲームどれですか?と、某ボドゲカフェで聞いた … Read More

ハゲタカのえじき

レビューaya

場に出たカードを共通のカードで取り合う。伏せて1枚ずつ出して、みんなが出したら表に返して一番高い数字の人が勝ち。そんなシンプルなゲーム。ボードゲームをやっているとバッティング系のゲームに関しては「ハゲタカのえじきっぽく~ … Read More

ハッピーサーモン

レビューゆずり亜衣

一瞬で盛りあがるシンプルで楽しいパーティーゲーム♪ 概要 人数:3~6人年齢:6歳以上デザイナー: Ken Gruhl, Quentin Weir 叫んで、動いて、カードを減らせ! ルールはとっても簡単! プレイヤーはカ … Read More

パリ-光の都-/Paris La Cité de la Lumiére

レビューaya

光の都パリ。 その名を世に知らしめた、19世紀の万国博覧会。 建物を光で照らし、パリ歩行者の心を盗んでいきましょう。 プレイ人数:2人 プレイ時間:約30分 対象年齢:8歳以上 デザイナー:Jose Antonio Ab … Read More

ハンザの女王 / Queen of Hanza

レビューKei

ハンザの女王 カバー

デザイナー 畠山大 / Yutaka Hatakeyamaアートワーク クレメンス・フランツプレイ人数 2-4プレイ時間 45分対象年齢 8+ 同人サークルゆるあ~とさんのハンザの女王がアートワークにアグリコラ、パッチワ … Read More

ハゲタカのえじき

レビューramity

1988年~ 2人~6人 20分前後 最小のコンポーネント、簡単なのって良い ルールが簡単で2分ほどで覚えられる。 プレイヤーは1~15の数字が書かれたカードを受け取ったらゲーム開始。 -5~10が書かれた得点カードが1 … Read More

バロニィ(Barony)

レビューaya

バロニィとは男爵領のこと。 プレイヤーは男爵となり、帝国の最果ての地で覇権を握るため領地を拡大する。 プレイ人数:2~4人(拡張で5人) プレイ時間:45分 対象年齢:14歳以上 デザイナー:Marc André(宝石の … Read More

パレード(Parade)

レビューaya

主催者となって「不思議の国」の住人を奇妙で華やかなパレードに参加させよう! プレイ人数:2~6人プレイ時間:30~40分対象年齢:10歳以上デザイナー:ホンマナオキイラストレーター:Chris Quilliams(アズー … Read More

ハゲタカのえじき

レビューKei

プレイ人数:2~6人 プレイ時間:15分 対象年齢:7歳~ デザイナー:アレックス・ランドルフ この偉大なゲームをレビュー仕切れるとも思えないが、筆者がボードゲームの沼に引きずり込まれる一因となった思い入れのある作品であ … Read More