シニョーリエ / Signorie

レビューaya


Reviewed by:
Rating:
5
On 2020年12月30日
Last modified:2021年1月2日

Summary:

//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B016U7K0L0&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=dmdc-22&language=ja_JP

15世紀の陰謀と荘厳に満ちたイタリアが舞台のダイスプレイスメントゲーム。

デザイナーAndrea Chiarvesio, Pierluca Zizzi
アーティストMariano Iannelli
プレイ人数2~4人
プレイ時間90~120分
対象年齢12歳~

私達プレイヤーはルネサンス時代の名高い一族の「シニョーリア」。
当時最も有力だった貴族たちと外交や結婚をすることで同盟を結び、一族の力を増大させその強大な権力を得ることで勝利となる!

用意してる段階で面白い

個人ボードの左上が自分

華やかさの無いメインボードと個人ボード、おじさんしかいないよ?
それに男女別れたワーカーコマを7個渡されて残りはメインボードの自分の色のおじさんへストック。このおじさんが私達プレイヤーである僭主。

僭主になって一族の影響力を伸ばしていくのがこのゲーム。そのために息子を結婚させたり一族の男を学ばせ外交に出したり、女を嫁がせたり、お家の使用人増やしたり…と少ない手番でこなしていく。さらになかなかたまらないお金に頭を悩ませる僭主シミュレーター。めちゃくちゃ苦しい…。

そして要素がめちゃくちゃ多い

このゲームは中量級をいくつかやってからやって欲しい。
というのもメインボード、個人ボードを見て「あ、これはもしかしてこういうことかも?」とピンとくるボードになのだ。だから、ボードを見るだけで面白さが伝わってくる。あのワクワク感をぜひ味わってほしいので、ちょっと慣れてからプレイして欲しい。

おー、要素多いし、結構キツいな…?(お金や資源がカツカツだなって意味)からのインスト聞いて更にキツい!を体験して欲しい。

キツいってどういうことか?

男女に別れたワーカー

プレイヤーカラーを選んでワーカーを渡されたときにこ、これは!となる部分が、この男女の木コマ。「男は外交、女は結婚」といったようにアクションするときは用途が分かれている。
メインボードの左側真ん中に男女コマを払うことで行えるアクションがあり、上は男コマを払うとできるアクション、下は女コマを払うとできるアクション。ラウンドごとにランダムに配置されるので男女どちらのコマが良いのか?ということはない。ただランダムなので思うようにいかないのが歯がゆいところ。欲しいときに男女逆のコマもってるんだよお!といううまく行かない。

資源としての一族の男女コマ。取得するにも自分の息子が結婚してないとなかなか増やせない。男女どちらかが増えるかは「ダイスを振った目による。」というままならなさ。

女だけ…だと?

こんなふうに男が生まれねええーーーー。となったりすることも…。(男女コマはなくなったらそれ以上増えない)
男女でそれぞれ役割があるからどちらも均等に欲しいのにこうなると本当にキツい!

あと外交とアクションと結婚でなくなるのに、増やせるのが結婚した人分(最初は僭主である自分だけなので1人しか増やせない)+使用人のアクションで最大二人まで。というこの数もなかなか増やせないのがキツいー!

アクションの沙汰はダイス目次第

個人ボードにダイスを配置してアクションを行う、5箇所あるが1ラウンドではそのうち4箇所まで使える。
一番上の数字でピンときたかたもいると思うが、書かれている数字以上ではないとアクションが実行できない。
もちろん、高い数字ばかり狙って取るということもできない。出目の合計が13の数字を超えるとボーナスが貰えない上、息子が結婚できなくなるからだ

結婚できなくなるとワーカーが手に入らない。じゃあ4つのダイスの出目を合計13までにするようにダイスを取りたい。しかしダイスの出目は運次第。(都合の良い)ダイスから取られていく。となると、13までに納めるには先にダイスを押さえておく必要がある?パスを使うか?そうするとみんなより1アクション少ない=出遅れる!!!

と実に悩ましいし、ダイス選択がキツい。相手に取られたくない。でもまだ使いたくない。というジレンマが楽しい。上限を最大22に上げるアクションもあるが、ワーカーが減る。

お金がない!

序盤はとにかくお金がない!スタート時にいくらかもってるけどあっというまになくなる。
お金は使用人を雇うのと、結婚の軍資金、さらにはダイスの出目の補填に使う。
書かれている数値未満だった場合、足りない数字1ごとに1フロリン支払うことができれば、低い出目のダイスでもアクションが行える。そうして出目合計13を目指すわけだけれど、個人ボードを見てほしい。通常状態でお金がゲットできるのは一番左の3フロリンだけ。4番目にもあるけど、使用人を2フロリンで雇ってから。

序盤はどうしても使用人を雇いたい。使用人は各種アクションを強化する役割を担っている。しかし、使用人を配置できるのはアクションを実行している場所の左(色が指定されている)というところがにくい。ということで先に使用人を雇って次雇った場所を実行したいところだけれど、でかい出目のダイスしか残らない時がある(後手に回れば確実にでかい出目のしか残らないだろう)。つらい。

出目補填用お金は絶対必要。できる限り低い出目を使ってアクションをして余裕をもたせておきたい。1周後の残りダイスなんて良いもの残らないのだから。なのでお金は余裕をもって…といきたいところだけれど使用人も雇いたい…。

はー、世知辛いですねー。結婚は後回しにしちゃいがちだけど、結婚してもらえる貴族旗で5点のが出てると取りたくなっちゃう、だって最高5点だから。1フロリンでも嫁がせられるけど1フロリンで2点貰えるので最大の4フロリンの持参金をもたせたくなっちゃうんだよ!
この家もうこれ以上お金ないよー!って頭悩ませる序盤。

中盤からの点数変換がキモ

5点取らせるぐらいなら!とワーカーを置きまくる

そんなこんなでお金に苦労して使用人雇ったり、アクションしたり嫁がせたりーとしているけれど、中盤以降、使用人を雇うのをやめると、とたんにお金が楽になる。

そうすると、個人ボードの育成が終わったみんなで点数を取り合うことになる。
外交や結婚で各貴族のもとに馳せ参じるわけですが、ラウンド各場所(複数ある)に最初に置いた人しか貴族旗のタイルもらえないし、貰える貴族旗は個人ボードによって違うし、結婚は良いけど外交の種類によってもまた揃えられるマークが違うから~~となかなか集めるのが難しい貴族タイル。

更に各場所は外交結婚合わせて8人まででそれ以上は受け付けられないから「貴族旗ついたの貰えないし~」と次のラウンドでいーやとか思ってると埋まってたり…とここで早取りが大事な要素が出てくる。
最初はお金でキツくて今度は早取りでキツい。

終盤に向けて点数伸ばしは6ラウンド目と最終ラウンドでの終了時得点。各2ラウンドでは5フロリンを勝利点に変えられるのと、一族ワーカーの外交した(結婚した)数や場所だったり、雇った使用人の数だったりで点数が入るのだ。ここの点数も狙って取るようにしないと点差が開く。手元に来る一族次第!でやってるとそんなに点数狙えないのだった…。

手元に来るワーカーが男女偏る場合はしかたなくない?と思うけれども別アクションで男と女を入れ替える(!?)のがあるのでそれをうまく使えばいい話。いろいろとやりようがあるので運が悪かったのよ!とは言えないこの辛さ。

まとめ

最終的に100点を超える=点数マーカーが1周がよっしゃー!とそれだけで達成感あるし、7ラウンドで毎回めちゃくちゃ悩む(残ったダイス目とにらめっこ)最後どうやって点数得てこうか?と悩みまくるのも楽しい。

ダイスでのアクション選択とメインボードのランダムなアクションポイント、さらには一族ワーカーのランダム出生が本当にままならない。
出目が偏って女性しか生まれなかったら「女ばっか産んでんなよー!」とこれはNGでは?みたいなことを叫んでしまう。※ゲームのお話です。

ダイスの出目が大きいとみんなでがっくり肩を落とすし、アクション場所が結婚(個人ボード)と結婚(メインボードの方)でかぶってしまった…と予定を大幅に変更しなければいけない、などハプニングありすぎて毎回みんな頭抱えてるのウケる。

  • 序盤からある程度どこが点数となるのか、が見えているので点数取得への道筋を計画しやすい
  • が、いろんなところがランダムなのでそのランダムさを苦しみながらも楽しめる人


もーほんと、序盤お金ないし、ダイスだし、ランダムで決まるアクション場所がひどいとツラいwww誰だダイス振ったのwwwアクションタイル置いたのwww誰だwwwってもう草生やすしかねえ!みたいな状況なのにそこで悩んで悩んでこうすればいける!と考えついた瞬間がすごく気持ちいい!

個人ボードの育成と外交へ行くための男子の育成と~と要素が散ってるし、めちゃくちゃ多いので把握するのがちょっと辛そうかな?疲れているときにやるゲームじゃないけど、やりすぎてアドレナリン出てるときに遊ぶのはちょうどよいかな?重たいゲーム遊びたいよ!って人にオススメ。

シニョーリエ / Signorie

5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です