トゥキ / TUKI

レビューaya

Review of: トゥキ / TUKI

Reviewed by:
Rating:
4
On 2020年2月26日
Last modified:2020年7月29日

Summary:

https://www.suruga-ya.jp/pics_light/boxart_m/607541923m.jpg

いっぱいトゥキ

デザイナー:Grzegorz Rejchtman
アーティスト:Chris Quilliams
プレイ人数:2~4人(BGGベスト2~3人)
プレイ時間:30分~45分
対象年齢:8歳~

デザイナーはウボンゴ、ウボンゴ3Dのグレゼゴルツ・レヒトマン氏。
石を指定の形に仕上げるんだけど、仕上げ方がみんな違ってみんな良い。好きに積み立てられるって楽しいー!

「トゥキ(Tuki)」は北極圏に住むイヌイットの言語で「メッセージを伝えるもの」の意味を表す単語「トゥキリク (Tukilik)」に由来しています。

「TUKI」の箱裏

北極の地位にはそのようなモノが数多く見られ、中でも「人によって積み上げられた石組みの塔」のことである「イヌクシュク / Inukshuk」は有名だそう。

イヌクシュクセット

色付きの「石」と白色の「雪」を使って、「道標」である「イヌクシュク」を誰よりも速く、そして正確に造ることが優秀なイヌイットなのだ!

イヌクシュクを造る

プレイヤーはイヌイットとして「イヌクシュク」を造っていく。
4つの色のついた棒の石ブロックとさまざまな形の雪ブロック。
これらをカードの指示に従って積み立てる。

石ブロックをカードの形に積みあげる。
白い雪ブロックはカードには描かれていない。

白い雪ブロックたちは石ブロックを補助するための役割なのだ!

カードの通りに積み上げるために雪ブロックはどう使っても良い。

普通に下から支えたり…

重石として上に置いてバランスをとったり…

今更だけど挟み込む必要性はなかった

挟みこんで抑えたり…石が積み立てられれば何でも良い!

自由だーーーーーーーーーーー

なので他のプレイヤーとも作り方がまるで違う。
絶妙なバランスで支えられて、おお!ってなったり。
丁寧に作りすぎて遅かったり。
あせりすぎて一段たりなくて、うわーなにをするー惑わされたーとなったり(誰も惑わしてない)
自由に組めるから、ストレスもさほどなく、「ウボンゴ3Dは苦手…。解ると楽しいんだけど…」といった人でもこれは終始楽しい!となる。っていうかなった!

みんなが最後まで組めるのもルールとして好き。
誰だ、「ayaさん遅すぎません?」とか言うやつは!ぷんぷん!
自分で自由に組めるから「俺が考えた完璧なイヌクシュク」を完成させるまでは他のカードに移りたくない。移りたくないんだ…。
早く出来ちゃった人はコーヒーでも飲んでゆっくり待っててね。

最後に積み立てた、もしくは諦めちゃった人にカードが渡される。
5枚渡されたら、最終ラウンド。
渡された人以外で積み立てて一番早積み立てられた人の勝利だ。

5枚は若干長めな気もするが、積み立てるの楽しすぎて気にならない。
むしろ、もっとやらせろ!もっとだ!ってなる。
そんな中毒性がある。

いっぱいトゥキ

3本でより積み立てやすく

最初に触ったときの手触りが良い角ばってもない。
ムリに積み上げちゃったりするので、よく落ちるけど頑丈。
空中に浮いた形の石組みがあるので、上からガンガン落ちてしまう…。テーブルでやるときはマットが必要かも。結構ガンッと良い音立てて落ちる。
基本は石4本で積み立てるが、イージーバージョンは3本で積み立てる。といったカードもあるので、子供と遊ぶときはこちらを使っても良いかも。

それでも解けない場合は公式サイトに回答が載っている。至れり尽くせりだぜ。

トゥキ / TUKI

4

One Comment on “トゥキ / TUKI”

  1. Pingback: トゥキレビューリスト | 今日も駄目ダイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です