ブルームサービス

レビューaya


Reviewed by:
Rating:
4
On 2019年8月8日
Last modified:2020年5月30日

Summary:

//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07M962791&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=dmdc-22

私は…勇敢な魔女です!
2015年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート大賞受賞。
日本では2018年にアークライトが完全日本語版を発売しました。

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:30~75分
対象年齢:10歳~
デザイナー:Andreas Pelikan/Alexander Pfister
イラストレーター:Vincent Dutrait
メーカー:Ravensburger/ArclightGames

バッティングを避けてお薬をお届け

紫のお薬をお届け!

ポーションが足りないなら魔女の宅配サービスにお任せ!
プレイヤーは採取者になって魔法薬を調合し、
魔女になって、区域を移動し
ドルイドになって、魔法薬を届ける。
魔法薬を届けると報酬が入り、一番多く一番多く稼いだ人の勝ち。
何でアクションするの?っていうと、カード。
ラウンド毎に自分がしたい行動のカードを10枚の中から4枚選んで行動していくのだけれど、
選んだカードがバッティングしてしまうと思ったような行動がとれなくなってしまう。
他のプレイヤーの魔女の位置などからバッティングしないように、4枚を慎重に選んでいく。それがとても悩ましい。

美麗なカードイラスト

この色使いが好きです

躍動感のある魔女と、茶目っ気のあるおじさんおじいちゃんのカード。
みんなそれぞれ生き生きしていてカードを見ているだけでも飽きない!

私は…臆病な…魔女なんです…うっうっ

バッティングして紫の薬は手に入らなかった…くっ…

アクションフェイズが始まったらスタートプレイヤーからカードを出して宣言する。

「私はXXな魔女です!」

カードには大きな利益をもたらす、勇敢な行動と
小さな利益だけれども必ず実行できる、臆病な行動があって
得なほうがいいじゃん!って思うけれど(思うよね!)
でも勇敢な行動を宣言したあと、他のプレイヤーが同じカードを持っていた場合
バッティング
となって行動が取れなくなってしまう。グエー。
臆病な行動でなら必ず実行できる。
しかし利益が少ないんだ。

呪いを受けるか受けないか

魔女3枚とかバッティングしないわけ無い

遊ぶプレイヤー人数で「呪い」効果がある。
呪いカードと同じカードを洗濯したとき、報酬から3点分引かれるというもの。
3勝利点もマイナスって痛い!?じゃあこのカード以外かなあ~
って思うけれど、
呪いのカードは相手とバッティングしない可能性が高いので勇敢な行動を取りやすい。
使いすぎると点が伸びないのでそこも悩みどころ。

プレイ感想

拡張盛り盛りで。河?湖?のせいでなかなか思うように動けない

スタート地点は一緒なので、すごくバッティングしやすい。
どう動こうか?この人ならこっちに移動するのでは?
最初からものすごい長考してしまう。
魔法薬だって数少ないから追加したいけれど、バッティングしたらこれだけしか…
4人までなら呪いを参考に何とか…?うんうん。
4枚決めて場に出すまでどきどきしてしまう。

そしてバッティングを警戒するあまりに臆病ばかり決めてしまう。

「私は臆病な採取者です…!」
「持ってない」
「持ってない」
「持ってn(略」

「(なんだってー)うっ、また私が親か…。
臆病な魔女です!」
「持ってない」
「持ってn(略」

「はぁ!?じゃあ勇敢なドルイドですけど!」
「持ってる」←

こんなの許されないよー!
4枚中3枚行動できないとかヒエーっと悲鳴を上げてしまう。
ちゃんと盤面から誰がどの行動を起こすのか、見極めめちゃくちゃ大事です。

お薬を届けるほかに、雲を集めてのセットコレクションや
魔法薬を所持していると報酬になったりするので
そっちで報酬を取る方法も考えられるのがまたいろいろな遊び方できて楽しいー!

ブルームサービス

4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です