スピード・スピログラム

レビューMizuki


Reviewed by:
Rating:
5
On 2019年8月21日
Last modified:2020年5月30日

Summary:

//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07V47K74N&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=dmdc-22

概要

デザイナー :  Manu Palau,  Anastasia Voropina

プレイ時間     :   15分

プレイ人数     :   1~4人

対象年齢         : 6歳以上

発売日    :    2019年8月

回して競争!スピードパズル

3枚のディスク、表裏2色ある

このゲームは、3種類の魔法陣のような模様のディスクを組み合わせて、お題と同じ形を早く作った人が勝ちというゲームです。

ルールはとても簡単で、

  1. 各プレイヤーに3枚のディスクが配る
  2. 中央に積まれた山札の一番上のお題カードと同じ見た目を自分の3枚のディスクで作る
  3. 一番早く作り上げた人は1点。5点取った人が勝ち

お題カードをよく観察して、ディスクを裏返したり、回転したり試行錯誤していきます。

これは同じ模様のようで違う!

揃えるだけでも楽しい!スピード勝負はさらに楽しい!

形、色、角度をそろえるだけなのに、大量のパターンがあります。
ディスクが円形なのがいい味出していて、ほんのちょっと角度がずれるだけで全然別の模様になることもあります。

作っていくうちに、どのディスクを何色にするか、重ねる順番は比較的すぐわかるけど、お題通りに調整するのが意外と難しい。
最後の微調整に少し時間がかかるので、できたと思ったら他の人に先を越されると結構悔しい。

だからこそ、完璧にお題と同じ形が作れた時は楽しいし、誰よりも早く形が作れた時は最高に気持ちいい!

そのうえ

一人でひたすらお題通りにディスクを揃えるだけでも楽しめるし、

配置や形を覚えたり、経験値を積むほどスピード勝負で勝勝てるので、ゲーマーがのめりこめる可能性を秘めてる。

つまり、「何かを作り上げていくゲーム」が好きな人、「得点や速さを競い合うゲーム」が好きな2タイプの人が楽しめるゲームで、今後遊ばれ方で色々な可能性を秘めていると思います。

大会を開いたら盛り上がりそう。

スピード・スピログラム

5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です