コンプレット(completto)

レビューねこ氏


Reviewed by:
Rating:
5
On 2019年8月28日
Last modified:2020年5月30日

Summary:

//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07537VCZ2&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=dmdc-22

メーカー:Schmidt Spiele (2015)
ゲームデザイナー:Heinz Meister
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:30分
対象年齢:8歳~

今回は「ボードゲーム初心者さんと遊ぶのにいいゲームはないかなー」と迷った時におすすめのゲーム『コンプレット(completto)』をご紹介します。

どんなゲーム?

『コンプレットcompletto』は1〜100が書かれた木の駒を使い、手元の22個の駒をいかに早く昇順に並べるかを競うゲーム。

誰か一人が手元の22駒全てを昇順に並べ終わった時点でゲーム終了。

遊び方

17個の裏面の駒の間に、5個の表面(数字面)の駒を左から昇順になるよう任意の位置に入れ合計22個の駒が手元に用意できたら準備完了、ゲームスタート。

プレイヤーが自分の手番でできることは、
①場から駒を引き、手元に配置する
②手元の裏面の駒を移動する

の二つのアクションのうち一つを選んで行動することができる。

山から一枚をめくり、自分の駒に入れられる場合は、裏面の駒と入れ替える。
欲しい数字があったとしても、入れ替えることが出来る裏面の駒がない場合は、その駒は数字を表にしたまま場に残さなければならないので、次のプレイヤーが数字を確認した上で取ることができる。

引いた駒の数字で連番ができた場合、もう一度手番を行うことができる。

画像のように、ひっくり返して別の数字になる場合は好きな方の数字として使用することができる。

手元の22個の駒全てを誰かが昇順に並べ終わった時点でゲーム終了となる。

どんなところがおすすめ?

先ず、何よりもルールが簡単でわかりやすい!

そして、冒頭でも述べたとおり運が絡んでくるため、初心者とボードゲーム慣れした人が一緒に遊んでも実力差が付きづらい。

場から駒を引いて並べるだけの簡単なルールだが、最初の配置の際に数字と数字の間にいくつ裏面の駒を配置するかで悩み、他の人よりも早く上がる為に駒を動かしたり連番に逆転の望みをかけたりなど、なかなかに緊張感あるゲームを楽しむことができる。

シンプルなデザインだが、木の駒ならではの温かみと手触りの良さも魅力のひとつ。

プレイ時間が30分ほどと短めで手軽に遊ぶことができるので、時間つぶしやボードゲーム慣れしていない人と遊ぶのにもおススメのゲームです。

コンプレット(completto)

5

One Comment on “コンプレット(completto)”

  1. Pingback: 第1回駄目ダイスレビュアー 座談会-中編 | 今日も駄目ダイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です