約束の場所へ(マーダーミステリー)

レビューaya


Reviewed by:
Rating:
2
On 2019年6月19日
Last modified:2020年5月30日

Summary:

https://www.suruga-ya.jp/database/pics_light/game/607541145.jpg

ネタバレ禁止。

シナリオ:張恆
デザイン:張恆, Afong Lee
イラスト:Hyakuen, ちやみ
人数:6人専用
年齢:15歳~
時間:120~150分
制作:Moaideas Game Design

ロールプレイ推奨。犯人は誰だ!

こちらに書かれているのは書いても良いよね?

ということでマーダーミステリー6人(男4人女2人)
ランダムに引いてきまったところ、女子は2人とも男役に。
ということで女役は男子たちになる。

「ロールプレイ推奨です」

とのことなので、みんなちょっとオカマっぽい
人が死んでるというのに
そこかしこで笑い溢れるアットホームな雰囲気に

役が決まったらシナリオが渡される。
それに自分の行動が事細かに記されている。
ボリューム自体はそんなに無いと思うけど、細かい描写がいくつかあるので意外に覚えることが難しい。
あと夏海、夏希の姉妹がいて今どっちだったんだっけ?っていうのがごっちゃになりやすいのがつらいところ。

「約束の場所へ」で大事なことは「犯人以外は嘘をついてはいけないこと」
ツイッターでも言ったけど忘れてた。
すっかり忘れてた。
話を逸らしたり、黙秘はできるけど嘘はついちゃいけない。
今後やる人は気をつけよう!

ネタバレ禁止なのでここまで。

120分~150分ってことだけど、やっぱり真相後の感想がめちゃくちゃ楽しい。
もういろいろ全然分かってなかった。ええっ!えー!なんだってー!?の連続だった。
犯人以外はもっとオープンに行くべきだったのか…。
これはやっぱり調査不足なんだろうなって思いつつ。

シナリオ2本目楽しみにしてます。

※NGな箇所があれば削除しますのでご連絡ください。

約束の場所へ

2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です