ディープ・ブルー

レビューAM10KEY


Reviewed by:
Rating:
3
On 2020年3月27日
Last modified:2020年6月1日

Summary:

https://www.suruga-ya.jp/pics_light/boxart_m/607544185m.jpg

ディープ・ブルーっていうんだからサメから逃げゲームだよね!
そう思ってワクワクしていたら全然違うゲームでした。どうもAM10KEYです。初めてレビューを書くので、つたないところは多々ありますのでご容赦を。

ディープ・ブルーのゲーム説明

簡単に説明すると、このゲーム・・・「沈没船からお宝をサルベージする(10ポイント)」ゲームです。

こんな人なら合いそう?合わなさそう?

合いそうな人

  • 漁夫の利でゲームを勝利するのが好きな人
  • あまり考えない運ゲーが好きな人


合わなさそうな人

  • 他人に運命をゆだねたくない人
  • 戦略と少しの運が絡むゲームが好きな人

このゲームでよかった点

1.目で見て楽しい
 このゲーム世界観に入り込めるようコンポーネントが作りこまれており、目で見て楽しいゲームでした。
 特によかったのは、獲得したポイントを入れる「宝箱」。
 ポイント非公開情報のゲームをいくつかやっていますが、大体仕切りのみで、ここまでしっかり作りこんでいるゲームは珍しい!

2.サクサク遊べる
 箱を見た瞬間、90分~120分くらいかかるゲームかなーと思っていたんですが、やってビックリ。
 インスト込みで60~70分程度で遊べました。初回プレイでこの時間なので、思った以上に軽ゲーです。

このゲームで好みじゃない点

1.バッグドローが必ずできるわけではない
 探索ができる回数が全体で決まっているので、探索がほとんどできないという人も出てきます。
 このゲームの一番の盛り上がりポイントは探索でいかに宝石を得られるかという点なので、その回数が少ないとどうしても満足度にかけてしまう。

とまぁ、こんな感じのゲームだと思いました(レビューの中身、薄!?)。

今回のプレイでは、漁夫の利多めの状況になったしまったのですが・・・脳汁がほとんど出なかった!!!

個人的なプレイスタイルとして、「自分の運命は自分で掴み取りたい!!」というプレイスタイルなので、他人に全てをゆだねる状況が続いた今回は楽しめませんでしたね。
自分で探索できる状況を作り出せれば、もっと楽しめると思うので、次回自分で探索できる状況を作り出したい!

ということで、この辺で失礼いたします。

ディープ・ブルー / Deep Blue

3

One Comment on “ディープ・ブルー”

  1. Pingback: ディープ・ブルーレビューリスト | 今日も駄目ダイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です