妖怪ゲームが大集合『アナログ妖怪ゲーム展2020』

レポートゆずり亜衣

「大怪店」そこは、高円寺にある妖怪グッズの専門店。

妖怪だらけの不思議なお店「大怪店」

お店に入るため、階段を上ると

待ち受けていたのは、たくさんの妖怪たちだった。

妖怪がモチーフの様々なアイテムを展示販売している大怪店。
そこで『アナログ妖怪ゲーム展2020』という、とっても気になる企画展が開催されていたので、さっそく行ってきました!

妖怪×ボードゲーム

企画展スペースにいくと、たくさんのボードゲームを発見!

妖怪というジャンルだけで、こんなにゲームがあるなんてビックリしました!

ついパケ買いしたくなるような『きつねつき』(tridot)

Twitterでプレイした人の感想を見て気になっていた『うわさの妖怪☆こんなかい?』(ハピクリ!!)もありました!
店長曰く「絵を描くゲームだけど、絵の上手い下手は関係なく遊べるパーティーゲームで、毎回新しい妖怪が誕生するので妖怪好きにはたまらない」らしい。ますます遊んでみたくなった!

他にも、気になるゲームがたくさん!

試遊させていただきました!

ゲームをいろいろ見ていて、「あ、これ面白そう」とつぶやくと、「やってみる?」と店長が言ってくださったので試遊させてもらうことに…

『BLOCK.BLOCK 』(ペンとサイコロ)を遊ばせていただきましたー!

妖怪のゲームじゃないんかい!!!!

というツッコミ、ありがとうございます。
妖怪のゲームの展示販売ですが、妖怪ゲームを制作されてる方の他の作品も一部並んでおります。このゲームを制作されたペンとサイコロでは、『百怪夜行』『コロポックル 見~つけた!などの妖怪のボードゲームも手掛けているんです!

2人用ゲームということで、店長に相手をしていただきました。

ルールは簡単だけど、戦略を考えるといろいろ悩ましく面白いゲームでした!プレイ時間は短いけど、終わったあとに、もう一回!と言いたくなる作品。
ブロックが木製なのも良くて、このゲームは改めてレビュー書きたいなぁと思っています。

さて、今回試遊に使わせていただいたのは、大怪店内にある『怖ーキングスペース』

『怖ーキングスペース』は、PC作業や打ち合わせなど自由に使えるスペースで、今回のように大怪店で取り扱っているゲームの試遊をすることもできます。また定期的に『アナログ妖怪ゲーム怪』というアナログゲーム体験会も開催しているので、気になる方は是非チェックしてくださいね!

アナログ妖怪ゲーム展2020

『アナログ妖怪ゲーム展2020』は、2月2日(日)まで開催しております!
最終日は『アナログ妖怪ゲーム怪』もあるみたいです。詳細は、大怪店のHPやTwitterをご覧ください。

アナログ妖怪ゲーム展2020
2020年1月23日(木)~2月2日(日)
定休日:1月28日(火),29日(水)
時間 12時~19時
場所:大怪店(高円寺)

最後に…

突然の訪問に快く対応してくれた、店長をご紹介!

店長の高梵さんは、とっても気さくなお兄さんです!
自身も妖怪作家で、折り紙で作った妖怪のアクセサリーなどを販売されてます。実は私も持ってるんです!折り紙だけど、加工がしっかりしているので安心して使えますよ♪

「今後もアナログ妖怪ゲーム展は続けるんですか?」と聞いたところ「年一くらいでするかもね~」との返答が…、妖怪ゲーム作ってるよ!これから作るよ!って方は次回参加してみてはいかがでしょうか。

そういえば、私はボードゲームを遊んでるときに妖怪の仕業かなってことがよくあります。
「あれ?1金足りない!」
「あれれ?1手番足りない!!」
「あれれれ?1点足りない!!!」
これはきっと『妖怪いちたりない』の仕業だと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です