「スティックスタック」の可能性

レビューりえぞー

Product by:
Brad Ross/Forrest-Pruzan Creative/ Jim Winslow

Reviewed by:
Rating:
5
On 2019年12月11日
Last modified:2019年12月10日

Summary:

https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07R3BNXK8&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=dmdc-22

今回は、大きな貸し切りのお風呂があるときにだけ遊べるゲームを紹介します。
めちゃくちゃ限定的ですみません(笑)

 

とあるボドゲ合宿に参加した日のこと、友人の一人が思いつきました。

 

「お風呂でスティックスタックやろう!」

 

――スティックスタックって防水か。

というわけで早速遊んでみました。

 

桶にスティックスタックを入れて、湯船に浮かべて遊びました。天才的な思い付き!

結論から言うと、めちゃくちゃ面白かったです

湯船に揺られるうちに折角置いたスティックがずれていくし、終いには落ちちゃう!

そんな鬼ムズいバランスゲームになりましたが、十分に遊べるし何より盛り上がります!

裸の付き合いって、良いですよね。

 

肝心のルールですが、正直通常のルールで遊ぶのはナンセンスです。

「全員で何本置けるか」

そんなチャレンジをする協力ゲームにするのがオススメです。

 

タオルを入れてみたり、桶を二重にしたり・・・。

ちなみに、遊びやすさを求めていろいろ試しました。

  • 桶によると思いますが、桶を二重にしてみたら安定感が増しました。
  • 桶の下にタオルを入れてみたけど、変にバランスが片寄ってしまったので結局取り除きました。
  • 桶を手で少~し支えながら遊びました。※放っておくと湯船に流されます。

皆さんも遊べたら、ぜひ試行錯誤してみてください。
そして良い方法を見つけたら教えてください!

 

ゲームが終わったら、しっかり乾かしましょう。

もしゲーム性を求めて競争するなら、「スティックが袋に何本残ったか」――残り本数を競うチーム戦にするなんていかがでしょうか?
グループラインに結果を書いたり、もしくは脱衣所に紙を用意したりして・・・。
上記した「試行錯誤」も、チームごとに違ったアイデアを出して動くのもゲームのうちとすると、より面白そうです。
うーん、遊びたい!

 

巷にはプラスチック製の「防水UNO」もあるらしいし、お風呂ボドゲの需要って実は結構あるのでは・・・!?
皆さんも「お風呂ボドゲ」、是非チャレンジしてみてくださいね!

 

スティックスタック

5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です