スピンデレラ

レビューゆずり亜衣


Reviewed by:
Rating:
3
On 2019年10月30日
Last modified:2020年5月30日

Summary:

//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B00TQPVIHY&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=dmdc-22

2015年にドイツ年間キッズゲーム大賞受賞!

概要

人数:2~4人
年齢:6歳以上
時間:約20分
作:Roberto Fraga

どんなゲーム…

2段になっているボードがあり、下にアリと切り株、上にクモがいます。
そして、糸に吊られているクモが一匹います。

ルールは簡単。下のボードにいる自分の色のアリを一番早く3匹ゴールさせると勝利です!

自分の手番では3色のサイコロを振ります

白のサイコロはクモの移動できる数。茶色のサイコロはアリの移動できる数。そして、緑のサイコロではアリ、クモ、切り株のどの移動アクションが行えるかが決まります。

糸に吊られているクモには底に磁石が付いており、アリに近づくとアリを捕まえることができます。クモに捕まってしまったアリはスタート地点に戻ります。
アリを捕まえたらボーナスで、茶色のダイス目の数だけ自分のアリを1匹移動させることができます。

糸は、上部のボード上にいるクモと磁石でくっついています。ボード上のクモを移動させることで、糸の先にいるクモが上下左右に動きます。

クモに捕まらないようにしながら、誰よりも早く3匹のアリをゴールさせることを目指すゲームです。

ストーリーが可愛い

このゲームの私のおすすめポイントは、設定が絵本みたいで可愛いことです。

このゲーム、まずクモには名前がついてます。

ロベルトとクラウス

ボードの上にいるのはクモの兄弟、ロベルトとクラウス

スピンデレラ

そして、糸の先にいるのが2匹の妹、スピンデレラ
ゲームのタイトルは彼女の名前だったんですね。

3匹のクモたちはアリを捕まえる遊びをしていました…

しかし、なんとその日はアリの国際マラソンが行われていたのです!最初に3匹ゴールしたチームが勝利、金メダルを獲得できます!

もちろん、クモの兄弟たちはそんなことは知らずただ遊んでいただけ…

というストーリーだったんです。
子供向けの童話でこういうお話ありそうですよね。

まとめ

設定やコンポーネントが可愛く、磁石を使ったクモの動きは子供が好きそう♪
アクションはダイス目で決まるので、運要素もあり大人も子供も一緒に楽しく遊べる作品。

また、移動のアクションでは『ウミガメの島』のような相乗り要素がある。すでに他のコマがいるマスに止まった時にその上に乗り、下のコマが移動する時に一緒に運んでもらうことができる。でも、このゲームにおいては、上にいるコマはクモに捕まってしまうリスクが上がる。メリットだけじゃないところがバランスが良いと思う。

スピンデレラ / Spinderella

3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です