サグラダ(Sagrada)

レビューaya

Review of:

Reviewed by:
Rating:
3
On 2018年12月27日
Last modified:2018年12月27日

Summary:

サグラダファミリアをテーマにした作品。
プレイヤーはステンドグラス職人となり、サグラダに綺麗なステンドグラスを設置しよう。

プレイ人数:1~4人(拡張を入れると~6人)
プレイ時間:30-45分
対象年齢:10歳以上
デザイナー:Daryl Andrews & Adrian Adamescu
イラストレーター:Peter Wocken
メーカー:Floodgate Games/engames

ダイスドラフト&セットコレクション

自分のカードと窓。ここに設計図を嵌めて職人のお仕事が始まる

スタートプレイヤーがダイスを振り、ダイスを選択して飾るスタイル。
ダイスを置くのにルールがあるので、ルールを守りつつ綺麗なステンドグラスを作っていく。
ダイスを置けないと、そもそも取れなくなってしまってステンドグラスに隙間が空いてしまうので誰が何を取るか予想して、置けるように計画的に配置しよう。
邪魔することもできるけど、それだとあとから自分が苦しくなってしまうのでやめといたほうがいいw
テーマとコンポーネントが綺麗なので女の子には喜ばれそう
初心者で慣れてなくてももコンポーネントの綺麗さでやってみようという方はいるんじゃないだろうか?

テーマにふさわしいコンポーネント

sagradaの袋からドラフトするダイスをチョイスするよ

コンポーネントはめっちゃ綺麗。素敵。
個人的になってしまうが、サグラダでステンドグラスというテーマがとても好き。
ステンドグラスのグラスに見立てた透明ダイス。

ガラスに見立てたダイス

サイズも大きすぎず、小さすぎずで丁度いい。
ステンドグラスを飾るボードも厚くてしっかりしている。
中に設計図をいれる隙間があるのもオオー!と感動する。
どれをとっても感動する。
コンポーネントに感動するゲーム。
もちろん、ゲームも面白い。

ドラフト好きにお勧め

ダイスドラフトは振ったダイスをここに置いてピックしていく

スタートプレイヤーからダイスをドラフトしていく。
ドラフトはカードでもダイスでも好き。
その時に良い感じのダイスを取るのも良いが、また手番がくるのを考えないとあとから回ってきたときにダイスが取れない…ということもあり得る。
なので、誰かがとってしまうだろうダイスは何だろう?だから次の手番に取るダイスは何にしよう?と考えつつ、今置けるダイスを取る…‼
軽そうにみえて大変な思考量だ!
その読みが当たって、全部のマスにダイスが置けたときがめちゃくちゃ快感。

職人としてのプライド

sagrada

難しい設計図で。全部埋められると嬉しい!

こんなにキレイなゲームなのにすごく制約が厳しい。
同じ色はダイスの上下左右に置けない。同じ出目もダイスの上下左右に置けない。
設計図にも指定の色と出目がある…!
設計図を難しくするとゲーム序盤からものすごく苦しむ。
しかし!簡単な設計図よりも難しい設計図を完成させたほうが職人としての達成感が違う…‼
なので是非難しい設計図を!
できないなら何度もプレイすれば良いんだよー!

プレイ感想

sagrada

ラスト。手元にはキレイなステンドグラスが!!

最初の設計図の選択。
スタP時のダイスピック。
そのあとのダイスドラフト。
完成した時の達成感。
すべて最高に思います。
欲しいカラーのダイスがなかなか出ないときのあせりとか
自分がスタP時のダイス運のなさ
とか
皆とわいわいできるのも楽しい(^▽^)/

中古ボードゲームサグラダ (Sagrada)/駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です